スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDR素材_04(王子製紙呉工場の夜景)

2011. . 28
王子製紙呉工場の夜景
【PENTAX K-5/zeiss planar 50mm f1.4 ZS/RAW bulb10shot~photomatix~photoshop】

夜の工場は、写真に撮ろうと思うと、思った以上に暗い。
石油化学コンビナートのプラントなんかは、保守管理用の灯りが多いものの、それでも街の夜景なんかに比べると暗い。
製鉄所の高炉やセメント工場のキルンなんかは、明かりが少ないから更に暗い。
製紙工場もやはり灯りは少なめ。

最近は高感度の画質も向上してきたので、明るいレンズで感度を上げれば、手持ちでも撮れなくはないが、やはり三脚でしっかり撮りたい。
特に、工場夜景のHDRだと三脚は必須。

クリアな画質で、暗部のディテールや、点光源の綺麗な光条を出そうとするなら…
・できるだけ低い感度
・適度な絞り
が必要な訳ですが、その設定だとシャッタースピードが遅くなる。
HDR用に高めの露出で撮ろうとすると、さらにSSは遅くなる。

オートブラケット5shot(-4,-2,0,+2,+4)で撮ろうとすると、ブラケット時の最長SS(PENTAX機で30秒)に縛られてしまい、+2と+4がどちらも最長SSで、結果として同じ露出になってしまう。
そんな場合は、30秒でもHDR用には露出が足りない場合が多い。

そこで、少し感度を上げたり、絞りを開けたりするものの、できるだけそれも抑えたい場合は、BULB撮影となる。
最低感度で、それなりに絞ったりすると、最初からオートブラケットは使わず、レリーズを使いBULBでSSを変えて露出を変えた複数枚を撮る。
暗めの工場夜景だと、0.5秒~90秒ぐらいの間で、RAWで10枚ほど撮影する。
または、オートブラケットでRAW 5shot、足りない明撮をbulbで数枚撮影。
そこまでやれば、暗部のノイズも皆無で、ノイズ処理が殆んど必要がないぐらいスムースでクリアなHDRを作りやすくなります。

とはいえ、かなりの手間だし、臨海部の工場夜景撮影には付き物の浜風で微妙にブレたりと、あまり気軽におすすめは出来ませんが…。
興味が有る方は、試しにBULB撮影のデータをUPしたので、ココからダウンロードしてみてください。
RAWで10shot分なので重いです。
(違うデータのリンクになっていたようなので、リンクを張り直しました)

上にUPしたHDRでは、暗部を締め気味に仕上げてますが。光のあたってないような隅々までディテールを出すことも可能ですよ。
10枚全部使うも良し、何枚かをチョイスして使うも良しで、色々試してみてください。

今回も、個人利用の範囲内であれば、好きに使って頂いてOKです。
WEB上での公開も、自分のブログやオンラインアルバム等であればOKです。
その際は、仕様データの引用先として、このブログのURLやリンクを貼って下さい。
ブログなどにUPした時は、コメントでお知らせ頂くと嬉しいです。
以前にUPしてもらった工場夕景やお台場ガンダムのHDRとあわせて、まとめて何処かにUPしてみたいと思います。


大きな地図で見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。