スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」

2016. . 12
昨年夏の「行ける工場夜景展」に引き続き、TODAYS GALLERY STUDIOさんで開催中の「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」に参加しております。
12778802_1694064710849733_4839350126561233238_o.jpg
自分は、工場夜景よりも朝昼夕の方がメインだと思って撮ってきたんですが、やっぱり世の中的には夜景のほうが需要が高いようです。

IMGP1118_20_21_23_24_25_26_tonemapped_1200.jpg
和歌山県有田市初島 東燃ゼネラル石油和歌山工場
PENTAX 645Z / smc PENTAX-FA645 150-300mmF5.6ED

今回は、昨年末に645Zで撮ってきた初島の東燃ゼネラルや、一昨年に645Dで撮った水島などから、A0で2枚、A2で9枚の、計11枚。
ここでUPした2枚をA0で展示してあります。
5000万画素の中判カメラ・PENTAX 645Zのデータは、A0サイズでもまだまだ余裕のある感じで、近寄ってじっくり見ても、しっかりした解像感を保っています。
基本的に大きいサイズに出力するイメージで撮ってるので、こうやって実際に出力〜展示する事で、やっと完成した感がありますね。
廃墟・工場夜景の合同写真展「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」
日程:3/12(土)~4/3(日)
時間:11:00~19:00
会場:TODAYS GALLERY STUDIO
所在地:台東区浅草橋5-27-6 5F
休館日:月曜 ※3/21(月・祝)は開館
入場料:500円/3歳以下は入場無料
公式ウェブサイト:http://www.tgs.jp.net/wakirei.html

今回の初島は、夕方から夜明け前まで、いくつかの場所で撮ったんですが、ここの眺めが一番でした。
かつての砂浜をトレースしたと思われる、グリーンベルトとタンクが描く弧。
真逆に弧を描く線路と、その間に挟まれた民家の家並み。
手前のみかん畑と、奥に見える港に岬。
戦中まで遡ることが出来る、この製油所の歴史が見えるような光景でした。
IMGP1080And7more_fused2_1200.jpg
PENTAX 645Z / HD PENTAX-D FA645 MACRO 90mmF2.8ED AW SR
スポンサーサイト

「工場夜景・美の祭典」フォトコンテスト

2013. . 06
chidoricho
先月に発表された「工場夜景・美の祭典」フォトコンテストで最優秀賞を頂きました。
「工場夜景・美の祭典」フォトコンテスト審査結果発表

このコンテストは、夏に開いた写真展や、その出展作も含めた100点程のお気に入りの写真が別で発表予定で応募に使えない状態だったので、もうひとつ自信が無い応募だったんですが、3年前に撮った千鳥町の光景を選んで頂けました。

さすがに自治体が関わってのコンテストだけに、色々な新聞などでも記事になったようで、何かと反響を頂いております。
川崎の工場夜景 最優秀賞 写真コン 入賞20作品決まる
以前にも似たようなコンテストで最優秀賞を頂いたんですが、その時はもっと限定された層からの反響でした。
コンビナート・写真コンテスト/コンビナートアワード受賞作品発表!

去年は、写真展や色んなコンテストで工場写真を発表する機会がありましたが、今年は、テーマとしてる日常の工場・コンビナート風景の写真を、違った形でまとめて、発表していきたいと思っています。

工場写真展「工場曼荼羅」

2012. . 24
工場写真展「工場曼荼羅」

ブログの更新をさぼってたら、肝心の事を忘れてた!!
明日から写真展を開催します。

【期 間】2012年7月25日(水)~8月6日(月)火曜日は休館、8月4日・5日は臨時休館
【時 間】10:30~18:30(最終日は16:00終了)
【場 所】ペンタックスフォーラム ギャラリーⅡ
【詳 細】ペンタックスフォーラムサイト

今回は3人展という事で、他のメンバーをご紹介。(カッコ内はブログでのハンドルネーム)
・藤本(X富士)さん ブログ:「混沌と希望の狭間で・・・」
 空・星・雨・雷、自然エネルギーに満ち溢れた工業地帯を撮られる方で、ブログを覗くたびに、同じ工場写真を撮る者として、これはやられたッ!なんて思ってしまう写真を撮られます。
もともと中判カメラ等で長年富士山を撮られてたそうで、気象現象や時間帯による変化を狙いすましての撮影がお見事です!

・篠塚(sitoori)さん ブログ:倭文 ~工場地帯探訪
工場・プラント等が持つ機能美にフォーカスした美しい写真撮られる方で、全国の工業地帯を撮影されています。
かなり昔から工場写真ブログを開かれていて、自分が別ブログをエキサイトブログでやっていた事もあって、以前からよく覗かせて頂いていました。
B級スポットや団地、ジャンクション、ダム、工場方面では有名な雑誌、ワンダーJAPANの巨大工場特集号の巻頭を飾られたり、工場写真アプリやコミケに工場写真集を出したりと、積極的に活動をされています。

そして自分はというと、相変わらずではあるのですが、日常の中の工場・コンビナートをテーマに十数点の写真を展示させて頂きます。
高度成長期以降の日本、中でも巨大コンビナートと瀬戸内沿岸の美しく長閑な自然の併存するエリアで育った者として、日本の原風景の一つとしての工場景観、テクノスケープを表現できればと思います。

撮影場所は、水島、大竹、鹿島、坂出(番の州)、北九州(苅田)、周南、石巻、四日市、秩父、安中、呉、木更津・君津、奥多摩。
撮影時間も夜明け前から朝、昼、夕、夜、深夜と、様々な場所・時間帯で撮った工場・コンビナートの写真が並びます。


今回写真展を開催する場所は、ペンタックスのサービスセンター兼ショールームのペンタックスフォーラム内にあるギャラリーⅡ。
長年のペンタックスユーザーなので、何度もお世話になってる場所でして、一度はここで写真展を開きたいと思っていた場所でした。
とはいえ、それなりのサイズと額装、点数もそろえて写真展を開くのは、なかなかパワーのかかる事で、そんなに仕事も休みが取れる訳でもないので、今まで応募を躊躇っていました。
そんな中、縁あって工場写真ブログの中でも、この人は凄い!と思っていたお二方と一緒に写真展の話を進め、審査も通り、開催の運びとなりました。

なかなか力の入った写真展になると思いますので、工場萌えな方はもちろん、風景写真好き、夜景好き、HDR好きetc...様々な方に楽しんで頂けると思いますので、是非ご来場ください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。